• 選択中の地域・エリア

    山口県

    便利!

    住所、駅名、建物名周辺から探す

  • 選択中の納骨タイプ(選択中エリアの平均価格)

    • 山口

      0.0万円

    • 山口

      0.0万円

    • 山口

      0.0万円

    • 山口

      5.5万円

    • 山口

      5.5万円

    • 山口

      2.1万円

  • 予算

該当する地域は見つかりませんでした
誤字や脱字がないかご確認ください。
地名や郵便番号を追加してみてください。

閉じる

0

表示件数:

納骨・お墓・霊園さがしならお墓の総合サイト

0120-085-554

365日年中無休|受付時間 9:00 ~ 22:00

通話無料

スタッフ

ご相談、資料請求、見学予約はお電話で。お気軽にお電話ください。

ご相談・通話料無料

0120-085-554

365日年中無休
9:00 ~ 22:00

検索中

納骨タイプを知る

お墓とは?

納骨方法の中で最も一般的な方法がお墓への納骨です。土地の価格や面積、墓石の大きさなどで価格は様々ですが、デザインを選べたり、最近ではメッセージを刻めたりとこだわりを持って建てられるのも特徴です。

メリット デメリット
  • お墓が代々受け継がれていくためご先祖の敬意や感謝が意識できる
  • こだわりを持った納骨ができる
  • 家族や親戚にとっても受け入れやすい
  • お墓の維持費や管理が必要になる
  • 比較的金額が高い
  • お墓を継承する人がいない場合、墓じまいを検討する必要がある

納骨タイプを知る

納骨堂とは?

遺骨を収蔵する屋内型施設のことを納骨堂といい、遺骨を土に埋めないことがお墓と納骨堂の大きな違いです。納骨堂は一時的なお骨の安置場所とされていましたが、現在ではお墓の代わりとして利用される方が増えています。

メリット デメリット
  • 室内が多いため天候や季節に左右されずいつでも参拝ができる
  • 継承者がいなくなってしまった場合にも、永代供養をしてもらうことが可能
  • お墓と違い、管理の必要がない
  • 埋葬スペースが狭いなど、手狭に感じてしまうことがある
  • 混み合う時期は参拝に並ばなければならない時がある
  • 継承して使用したい場合、お墓を購入した方が得な場合もある

納骨タイプを知る

樹木葬とは?

樹木を墓標に見立ててその周りにご遺骨を埋葬する方法です。維持管理が不要の場合が多く、低料金で納骨ができ、お墓の継承などの心配も不要です。自然に囲まれながら埋葬されるため、近年では注目を集めている納骨方法です。

メリット デメリット
  • 霊園や寺院内の管理された自然の中で埋葬できる
  • 宗旨・宗派を問わず納骨することができるので受け入れやすい
  • 家族や親戚にとっても受け入れやすい
  • 一度埋葬すると取り出すことができない場合がある
  • 里山型の場合、お参りまでの距離や労力がかかってしまう
  • 遺族や親戚の理解が必要になる

納骨タイプを知る

永代供養とは?

寺院や霊園がご遺骨を預かり、遺族に代わって永続的に管理・供養することを永代供養といいます。宗教・宗派を問わず、お墓を建てる必要もないので一般墓に比べ費用が安いのが特徴です。

メリット デメリット
  • 寺院や霊園が永代にわたって供養してくれるのでお墓に対する心配がない
  • お墓を建墓するより費用が安い
  • 一度永代供養料を支払えばお布施などの費用の心配がない
  • 供養墓はあるが個別に参拝するための墓石がない
  • 納骨後すぐに合祀するので個別にご遺骨を取り出すことができない
  • 合祀後、ご遺骨を他人の遺骨と一緒に埋葬されてしまう

納骨タイプを知る

海洋散骨とは?

ご遺骨をパウダー状に砕いて海に撒く方法を海洋散骨といいます。傾向として、海への思い入れが強い方や、自然志向の方におすすめの納骨方法です。

メリット デメリット
  • 維持費の必要もなく、費用がかなり安い
  • 住む場所にとらわれず好きな海に散骨できる
  • 生前に海が好きだった故人さまの希望を叶えられる
  • 遺族や親戚の理解が必要になる
  • ご遺骨を遺族に残すことができない
  • 散骨後は墓参りや献花ができない

納骨タイプを知る

自宅供養とは?

ご遺骨を少しだけお手元に残し、側において大切な人を偲ぶ納骨方法を自宅供養といいます。供養に出向くのが難しい地域にお住いの親族に分骨する際にもおすすめです。

メリット デメリット
  • 故人さまをいつも身近に感じることができる
  • 仏壇ほどの大きさもないのでスペースをとらない
  • 参拝の手間や移動がなくなる
  • 最終的なご遺骨の行き場を考えておく必要がある
  • 自宅にご遺骨があることを快く思われない場合がある
  • 加工した場合は元に戻すことができない